避妊効果とその他の効果

避妊に用いられる避妊薬ですが、避妊効果以外にも生理痛緩和や子宮体がんの軽減、PMSやニキビの軽減など女性にとってメリットの多いお薬です。こちらでは避妊薬の効果と副作用についてまとめております。

避妊薬のモーニングアフターピルと生理不順

性交渉をすることで男性と女性の間で受精卵ができて、妊娠をしてしまうこともあります。妊娠をして喜ばしいと思っている人もいるのですが、一方で現段階で妊娠をしてしまっても困るということもあるでしょう。そういった場合には、その人たちに合った避妊方法を検討していくといいでしょう。
一般的には男性が装着するコンドームが使われることが多いのですが、最近は女性が自分で行う避妊方法としてピルの服用ということが挙げられるのです。ピルにも低用量のものと中用量のものがあるので、使い分けるようにしていきます。
低用量のピルでは毎日ホルモン剤の入っている錠剤を服用することで、女性の排卵を抑えたりすることができて、妊娠を防ぐような働きをしてくれるのです。これは生理不順の人などにも適している方法であり、生理の周期を28日間に安定させたり、生理痛を緩和させたりするような働きがあるのです。
中用量のピルでは少し強めのホルモン剤が入っていて、性交渉のあとに72時間以内に服用することで、もしも受精卵ができてしまったとしてもそれを子宮内に着床させることもないので、妊娠を防ぐことができるのです。また、この緊急用の中用量ピルはアルファーモーニングピルともいわれています。
このように避妊薬としては低用量のものや中用量のものなどがあるのですが、使い方や役割も異なるので、それを心得て使用するようにするといいでしょう。いずれにしても産婦人科などの医療機関で処方してもらえるほかにも、海外からの個人輸入に限り、入手が可能になっています。通販の個人輸入では安価に入手できますが、持病などがある人では一度産婦人科などの医療機関を受診したほうが安心でしょう。