避妊効果とその他の効果

避妊に用いられる避妊薬ですが、避妊効果以外にも生理痛緩和や子宮体がんの軽減、PMSやニキビの軽減など女性にとってメリットの多いお薬です。こちらでは避妊薬の効果と副作用についてまとめております。

産科で処方される避妊薬の種類の違い

産科または婦人科で処方される避妊薬には、いくつかの種類があり、服用の方法や分量などに違いがありますので、医師の説明はしっかりと聞いて、ただしく使うということがたいせつになってきます。
避妊薬としては一般的な低用量ピルとよばれるものであれば、毎日1錠を同じ時間帯に飲み続けるというのが基本的な使い方となっており、この使い方にしたがう限りにおいては、9割以上という高い確率での避妊を見込むことができます。この低用量ピルを服用した際、人によっては吐き気、頭痛、下腹部痛、不正出血などがみられることがありますが、これは低用量ピルが女性ホルモンを含有しているため、体内でホルモンの量が急に変化したことにより起きる副作用です。通常の場合であれば、継続して飲み続けているなかで自然に解消されます。
また、避妊薬には中用量ピルや高用量ピルとよばれるものもあり、現在ではあまり目にはしませんが、場合により処方されることがあります。これは低用量ピルよりも卵胞ホルモンの含有量がきわめて高いもので、実際には月経不順、月経前症候群などの症状がひどい場合に、それを緩和するための治療目的で処方されるというのが一般的です。
中用量ピルは、他の方法をこころみたものの失敗してしまったという場合に、緊急に事後的な避妊をする目的でも処方されることがあり、その場合は毎日服用するのではなくて、必要なときに1日の間隔を空けて2回服用するというかたちになります。緊急避妊薬として専用につくられた特別なピルもあり、こちらは事後避妊の場合に1回だけ服用することになりますが、中用量ピルを事後避妊に使う場合と比べると、副作用などもより少ないといえます。