避妊効果とその他の効果

避妊に用いられる避妊薬ですが、避妊効果以外にも生理痛緩和や子宮体がんの軽減、PMSやニキビの軽減など女性にとってメリットの多いお薬です。こちらでは避妊薬の効果と副作用についてまとめております。

避妊薬の薬の効果について

避妊薬であるピルには、読んで字のごとく避妊の効果があります。妊娠時に多く分泌される女性ホルモンが配合されているピルを服用することで、脳が身体は妊娠したと錯覚を起こし、排卵を停止するように指令を出します。その結果、避妊の効果を発揮することが出来るのです。しかしピルの効果はそれだけにとどまりません。ピルにはホルモンバランスを整える作用があります。つまり、ホルモンバランスの乱れによる諸症状の改善にも効果を期待することが出来るのです。例えば月経前症候群の症状の緩和、排卵に伴う症状の緩和、ホルモンの乱れによるニキビの解消などが挙げられます。女性の身体はホルモンの影響を受けやすいデリケートな身体だと言えます。実際、生理前になると急激に女性ホルモンが減少し、その影響で気分が沈んだりイライラしたりする人も多いのではないでしょうか。多くの女性が大なり小なり、変化を感じていると思います。ピルはそのような症状の改善にも効果を期待することが出来る、存在なのです。しかしピルも薬なので副作用があり、吐き気や乳房の張り等、妊娠初期の症状に似た副作用を訴える場合があります。しかしこのような副作用は2~3ヶ月と使って行くうちに気にならなくなることがほとんどであるという報告がありますが、生活に支障をきたすような副作用であったり、副作用の症状が治まらないまま数か月経ってしまう場合もあります。その時には遠慮せずに他のピルに変更してもらったり、副作用を緩和するような薬を処方してもらうと良いでしょう。避妊薬であるピルは、いずれの種類も正しく使用することで高い避妊効果を期待することが出来ます。そのため身体に合わない種類を無理して使うよりも、他の種類に変えてもらう方が気長に使うことが出来るのではないでしょうか。

避妊薬でニキビが解消される

避妊薬の1つにピルがあります。ピルは毎日同じ時間に服用したり服用の順番を守ることで非常に高い避妊の効果を発揮することが出来ると言われています。また仮に服用を忘れた場合でも、指示に従い適切に服用することで再び避妊の効果を期待することが出来ます。しかしピルには避妊だけではない効果があります。例えばニキビの解消です。女性は生理の周期に合わせてホルモンバランスが変化しやすくなっており、乱れやすい日ともいます。また女性でも男性ホルモンは分泌されます。男性ホルモンが過剰に分泌されていると皮脂も多く分泌されやすくなりニキビの出来やすい肌になります。ピルには脳が身体は妊娠したと勘違いさせるために、妊娠時に多く分泌される黄体ホルモンが配合されています。これを毎日、休薬日以外に服用することでホルモンバランスが整いやすくなり、女性ホルモンが優位に立つことが出来ます。結果、ニキビの解消に効果があると期待できるのです。特に10代は初潮を迎えてから年数が浅く、ホルモンバランスが乱れやすいことが分かっています。欧米では避妊目的ではなく、ホルモンバランスを整えるためにピルを服用する10代も多くおり、ピルが身近な薬であると言えますが、日本ではピルというと、避妊が目的であるイメージがある人も少なくなく、ニキビの治療とピルの服用がイコールになるという考えは少ないかもしれません。ニキビの原因が仮にホルモンバランスの乱れであるならば、ピルの服用で治療できることが期待できます。皮膚科で薬を処方してもらっても、洗顔に気を付けてもニキビが治らない場合は、婦人科に行き、相談してみると良いかもしれません。自分に合った適切な治療法で、ニキビの解消を目指しましょう。

月経周期を避妊薬で調整するには

女性の生理周期は基本的に28~30日周期で規則的に起こります。生理が順調に来ている女性であれば次の生理周期がいつ頃始まるのかは予想がつきます。どうしてもスケジュールに合わせて月経周期を調整したいという場合におすすめなのが、避妊薬を使った生理日の変更です。やり方としては、早める方法と遅らせる方法があります。避妊薬を飲んでいる人が生理日を早めたいという場合には、生理の5日目から毎日一錠ずつ一定の時間で2週間内服し続けます。それから2~5日で生理が来る予定になります。失敗少ないといわれるのが遅らせる方法です。生理の予定日より5日前ほどから避妊薬を毎日一錠ずつ同じように内服していきます。生理を遅らせたい日まで毎日服用していき、ピルの内服を止めると2~3日で生理が起こるとされています。以後の生理は、遅れてきた生理を第一日として再び規則的に来るようになることが一般的です。しかし、遅れてきた場合には出血量が多く、生理痛が酷くなってしまうというケースが多い傾向があります。生理不順の女性の場合は、上手く調整することができなかったり、変更後に生理不順が酷くなってしまうということもあるため注意が必要です。この方法は普段避妊薬としてピルを飲んでいない人でも、調整用のピルを使うことで行なうことができます。しかし、調整用のピルを一時的に服用しただけでは避妊はできないということを理解することが大切です。ピルは継続して飲むことによって、排卵を抑制抑制することができる薬になります。あくまでも月経をコントロールすることを目的としている場合には避妊効果は期待せず、避妊がしたい場合には低用量ピルを服用することを検討することをおすすめします。
■避妊に失敗してしまったらこの薬が最後の砦
アフターピル
■病院に行かず経口避妊薬を入手出来る時代になりました
トリキュラー通販